提督「なぁ加賀さん、天津風と叢雲って似てないか?」