ヒカキンさん、プロ意識が凄すぎる。